学校概要

神戸東洋医療学院 孔子課堂とは

孔子課堂とは

神戸東洋医療学院 孔子課堂は、2007年10月中国・孔子学院本部から日本・神戸東洋医療学院孔子課堂設立に承認され、2007年12月にパートナーである天津中医薬大学と共に神戸東洋医療学院孔子課堂関連の協議書に署名しました。

母体となる神戸東洋医療学院は、2000年4月に兵庫県で初の鍼灸師養成施設として開校しました。

また、日本の鍼灸教育と中国の伝統的な鍼灸術や手技療法(推拿術)を含めた中国の伝統医学を同時に履修する教育課程として、2018年4月に新たに誕生した中医学の教育機関である『天津中医薬大学 鍼灸推拿学院 神戸校』が開校しました。

また、外国の方が日本語を学ぶ機関として神戸東洋日本語学院もあり、語学教育にも優れた条件を備えています。

孔子課堂の設立は、兵庫県初の設立で光栄であり、両国のさらなる教育交流の一環でもあり、中日交流の証しでもあります。
「神戸東洋医療学院 孔子課堂」の目的は、現在注目されている中医薬など医療分野での人材教育の育成、中国語教員の育成、市民の方への中薬医療・中国語・文化の公開講座の実施などです。

専門分野の方から一般の方まで、幅広い教育の提供を行います。
天津市と神戸市は、姉妹友好都市であり、両都市の発展に貢献することを目標にしています。

孔子課堂(学院)の紹介

孔子学校は、中国教育部所轄の孔子学院本部が認定する教育機関。中国の大学と海外の教育機関が連携して運営を行い、中国語教育・中国伝統文化の普及を行っています。
認可を受けた孔子学校は、孔子学院、孔子学堂、孔子課堂を称しています。
2020年3月現在、世界162カ国(地区)に 孔子学院541校、課堂1170校の認可校が存在します。
日本で活動中の認可校は以下のとおりです。(順不同)

立命館孔子学院、桜美林大学孔子学院、北陸大学孔子学院、愛知大学孔子学院、
札幌大学孔子学院、立命館アジア太平洋大学孔子学院、早稲田大学孔子学院、
岡山商科大学孔子学院、大阪産業大学孔子学院、立命館孔子学院東京学堂、
桜美林大学孔子学院高島学堂、工学院大学孔子学院、大阪産業大学孔子学院、
学校法人兵庫医科大学中医薬孔子学院、関西外国語大学孔子学院、
武蔵野大学孔子学院、山梨学院大学孔子学院、神戸東洋医療学院孔子課堂

開校(2008年4月)にあたり



設立十周年(2018年4月)にあたり